不動産売却 共有持分相談査定STATION

不動産売却 共有持分相談査定STATION

数少ない!!共有持分売却専門の不動産【共有持分相談査定STATION】

不動産の共有(共同)持分の資産価値を無料査定!
売却・トラブルのご相談にも対応!

不動産の共有持分売却とは?
相続、共同購入、その他何らかの理由により不動産が共有状態になっていませんか?

共有状態になっている不動産は共有名義不動産といわれ、その共有名義不動産のご自身が所有する持分(所有権割合)を「共有持分」といいます。

共有名義不動産の売却とは
共有となっている不動産全体を売却することです。

共有持分の売却とは
共有となっている不動産の持分(所有権割合)を売却することです。

では、この2つの売却は何が違うのでしょうか?

共有持分の価値は気になりませんか…?【共有持分相談査定STATION】

共有名義不動産売却と共有持分売却との違い
「共有名義」となっている不動産は他の共有者全員の承諾を得ないと不動産全体を売却することができません。
具体的には、共有名義になっている共有者全員の署名・捺印が必要になります。

共有持分売却と共有名義不動産売却の最も違う点は、“共有持分”(所有権割合)のみであれば、共有者の承諾や同意を得る必要なく売却することが可能になる点になります。
そのため、

共有者との関係が思わしくない状況
共有者と連絡が取れない
共有者が多数存在し話がまとまらない
といった場合に、共有持分(所有権割合)のみを売却するといった手段が利用されます。

レジスタ合同会社の共有持分売却サポートなら!
価格、手段共に、売り主様のご納得を得られてから売却する仕組みになっています。



査定・ご相談受付→まずは、共有持分の市場価格をご理解いただくこと。権利関係のご相談も幅広く承ります。

仕組みのご説明→共有関係の解消方法、共有持分売却の仕組みをご説明いたします。

提案→売却も含めた共有関係解消のご提案をおこないます。

実行→実際の売却、共有関係解消を実行いたします。

通常の不動産と比べ、権利関係が複雑な共有持分(所有権割合)を欲しがるニーズは大変少ない為、売却額が低くなるのが一般的です。そのため当社では、査定額がなるべく下がらないように、共有関係解消についてもサポートしております。

仲介業者としてのレジスタ合同会社
当社は、共有不動産売却を専門的に扱い、少しでも高く売却することに尽力する不動産仲介の会社です。

実は、共有持分売却を扱う多くの不動産会社は仲介ではなく「買取り」業者が大多数を占めています。

理由として、権利関係の問題を解決せず、売主様から早急に買い上げて共有持分(所有権割合)を自社に置き換えてから、買い取ってくれる共有者や第三者に売却したほうが、売買を早く成立させることが出来るため、利益確定が早いといった利点があります。

一方、仲介(当社)の場合は、共有者に対し法律等の丁寧な説明を行い、共有関係解消を目指して共有者全員の同意を取り付けることに尽力します。その上で、共有者に買い取っていただくか(代償分割)、共有関係を解消して1つの不動産として売却する(換価分割)等、最も高く共有持分を売却ができる手段を追求します。

当社は“持分売却”の専門知識を持ち合わせ、法律問題のトラブルには提携士業等の専門家と連携しながら『売主様 第一主義』を徹底的に貫き、共有者からのご理解も得るように尽力する不動産仲介会社です。

なぜ仲介にこだわるか、それは、事案によっては買取り業者の査定価格(売却価格)より、
1,500万円以上も高く売却できる
こともあるからです。

早く売却したいのであれば、買取り業者がおすすめです。
しかし、高く売却するなら仲介業者(当社)で一度、ご相談いただく事をおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です